映画『オー・ルーシー!』公式サイト

Cast

  • 節子/ルーシー 寺島しのぶ節子/ルーシー
    寺島しのぶ
    SHINOBU TERAJIMA

    1972年生まれ、京都市出身。大学在学中の92年に文学座に入団、96年の退団以降は舞台、映画、ドラマなど多方面で活躍する。『赤目四十八瀧心中未遂』(03/荒戸源次郎監督)、『ヴァイブレータ』(03/廣木隆一監督) での演技により第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、日本国内外で多数の映画賞を受賞。『キャタピラー』(10/若松孝二監督)では、日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭・最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した他、数々の国内の映画賞を受賞。その他の主な出演作に『やわらかい生活』(06/廣木隆一監督)、『愛の流刑地』(07/鶴橋康夫監督)、『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(13/御法川修監督)、『千年の愉楽』(13/若松孝二監督)、『ぼくのおじさん』(16/山下敦弘監督)、『幼な子われらに生まれ』(17/三島有紀子監督)、『STAR SAND —星砂物語—』(17/ロジャー・パルヴァース監督)など。2018年新春より舞台「秘密の花園」(演出:福原充則)、「ヘッダ・ガブラー」(演出:栗山民也)主演が続き、公開待機作に『のみとり侍』(18/鶴橋康夫監督)などがある。
  • 綾子 南果歩綾子
    南 果歩
    KAHO MINAMI

    1964年生まれ、兵庫県出身。84年に『伽倻子のために』(小栗康平監督)の主役でデビュー。『夢見通りの人々』(89/森崎東監督)でエランドール新人賞、同作と『螢』(89/梶間俊一監督)でブルーリボン賞助演女優賞、『お父さんのバックドロップ』(04/李闘士男監督)で高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演作に『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(11/三宅喜重監督)、『わが母の記』(12/原田眞人監督)、『サクラサク』(14/田中光敏監督)、『さよなら歌舞伎町』(15/廣木隆一監督)、『葛城事件』(16/赤堀雅秋監督)などがある。2015年には『マスタレス』(クレイグ・シマハラ監督)で全米デビューを果たした。
  • 美花 忽那汐里美花
    忽那汐里
    SHIOLI KUTSUNA

    1992年生まれ、オーストラリア・シドニー出身。2006年、全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し、翌年女優デビュー。『許されざる者』(13/李相日監督)と『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(13/行定勲監督)で日本アカデミー賞新人賞受賞。主な出演作に『マイ・バック・ページ』(11/山下敦弘監督)、『ペタル ダンス』(13/石川寛監督)、『黒衣の刺客』(15/ホウ・シャオシェン監督)、『海難1890』(15/田中光敏監督)、『女が眠る時』(16/ウェイン・ワン)、『キセキ —あの日のソビト—』(17)など。2018年は、『The Outsider』(原題/マルティン・サンフィリート監督)』、6月公開予定の『デッドプール2』(デヴィッド・リーチ監督)などがある。
  • 小森/トム 役所広司小森/トム
    役所広司
    KOJI YAKUSHO

    1956年生まれ、長崎県出身。『KAMIKAZE TAXI』(95/原田眞人監督)、『Shall we ダンス?』(96/周防正行監督)、『眠る男』(96/小栗康平監督)、『シャブ極道』(96/細野辰興監督)、『CURE』(97/黒沢清)、『うなぎ』(97/今村昌平監督)、『赤い橋の下のぬるい水』(01/今村昌平)などで国内外の主演男優賞を多数受賞。2000年代以降は『SAYURI』(05/ロブ・マーシャル監督)、『バベル』(06/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)など海外作品でも活躍。14年『渇き。』(中島哲也監督)の演技でスペインのシッチェス・カタロニア国際映画祭において日本人初の最優秀男優賞を受賞。近年の主な出演作に『蜩ノ記』(14/小泉堯史監督)、『日本のいちばん長い日』(15/原田眞人監督)、『関ヶ原』(17/原田眞人監督)、『三度目の殺人』(17/是枝裕和監督)、『孤狼の血』(18年5月公開予定/白石和彌監督)など。09年には『ガマの油』で初監督を務めた。12年6月には紫綬褒章を受章。日本を代表する俳優として活躍している。
  • ジョン/ジョシュ・ハートネットジョン
    ジョシュ・ハートネット
    JOSH HARTNETT

    1978年生まれ、アメリカ合衆国ミネソタ州出身。『ヴァージン・スーサイズ』(99/ソフィア・コッポラ監督)で脚光を浴びた後、『パール・ハーバー』(01/マイケル・ベイ監督)、『ブラックホーク・ダウン』(01/リドリー・スコット監督)などの大作に主演し、ハリウッドスターの地位を確立。その他の主な主演作に『O』(01/ティム・ブレイク・ネルソン監督)、『モーツァルトとクジラ』(06/ペッター・ネス監督)、『ブラック・ダリア』(06/ブライアン・デパルマ監督)『ラッキー・ナンバー7』(06/ポール・マクギガン監督)、『30デイズ・ナイト』(07/デヴィッド・スレイド監督)『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』(09/トラン・アン・ユン監督)などがある。一時期、私生活を優先してハリウッドから離れていたが、テレビシリーズ「ナイトメア〜血塗られた秘密〜」(14〜16)で本格的にメジャー復帰を果たした。
PAGE TOP